So-net無料ブログ作成

裕次郎 昭和の大スター:石原裕次郎記念館へ ファン続々の今が気になる! [徒然]

石原裕次郎103.jpg


石原裕次郎没後30年の今年、8月末で閉館する
北海道小樽市の石原裕次郎記念館に
全国からファンが詰め掛けています。




スポンサードリンク








昭和の大スター、石原裕次郎は3歳から9歳までの
幼少期を小樽で過ごしており、それが縁で
石原裕次郎記念館が開設されました。


1階に、映画「黒部の太陽」のセットの再現、
映画「栄光への5000キロ」で使用した自動車(510型ブルーバード)、
CM・レコードジャケットなどを展示・紹介しています。

2階には、愛車メルセデス・ベンツ・300SLや愛用の
マリングッズをはじめ、ハワイの別荘・成城の裕次郎邸が
再現してあり、昭和の大スター、石原裕次郎の魅力をあますところなく
満喫できる構成となっています。


昭和の大スター、石原裕次郎は当時の映画界に旋風を巻き起こしました。
それは、裕次郎の人気だけではなく、当時当たり前であった映画会社
5社の協定を破り、自ら設立した「石原プロ」で、「黒部の太陽」を
制作したのです。




https://youtu.be/3O9zUT4sOo0






これは、いわゆる5社協定ですが、当時の大手映画会社、
松竹、東宝、大映、新東宝、東映、5社では、それぞれの会社専属の
監督、俳優の引き抜きを禁止する、というものでした。
要するに、所属会社の映画には、所属していない俳優は出演できない、
という申し合わせです。

裕次郎という昭和の大スターも当初はこの「五社協定」に悩んだようですが、
最後は俳優同士の信頼関係で、見事解決されていき、「黒部の太陽」が
完成されるのでした。
昭和の大スター、石原裕次郎の人柄がこんなところにも影響しているんでしょうね。





スポンサードリンク







石原裕次郎記念館は、残念ながら閉館となりますが、石原裕次郎という
昭和の大スターは、不滅です。今なお衰えない人気がありますね。

石原裕次郎記念館の閉館決定後は来館者が前年比8割増で推移し、
愛車や衣装、愛用の家具など、昭和の大スターの
華やかな展示品を目に焼き付けています。


石原裕次郎105.jpg




閉館する8月31日には石原プロモーション所属俳優らが訪れ、
来客対応をする予定です。

閉館後は展示品の多くは自宅へ返還され、
一部の展示品は小樽市にそのまま寄贈されるそうです。

閉館セレモニーは行われませんが、閉館日は石原プロの
俳優が駆け付けます。閉館後は裕次郎さんが生前に使っていた
英国車ロールスロイスが市総合博物館本館に展示されます。
また、石原プロは展示品の全国巡回展を開く予定です。

石原裕次郎記念館は閉鎖されても、
裕次郎没後30年、今なお昭和の大スターですね。




スポンサードリンク



コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0