So-net無料ブログ作成
検索選択

斉藤由貴 アイドル以上の魅力 その1 [徒然]

斉藤由貴02.jpg




すっかり不倫のイメージが復活した
斉藤由貴ですが、
こんなに評判がよかったのに、
残念ですね。




昨年、デビュー30周年を迎え、
アイドル時代にも増して活躍の場を
広げているのが女優で歌手の斉藤由貴です。


スポンサードリンク







今年は、NHK大河ドラマ「真田丸」で
徳川家康にとって最愛の側室、阿茶局役を
演じるほか、人気ドラマシリーズ「警視庁・捜査一課長」
にも出演し、さらにラジオ番組「オールナイトニッポンMUSIC10」の
パーソナリティーやナレーション役、
バラエティ番組へも出演するなど、
さまざまなフィールドで大活躍しています。

現在公演中の舞台「母と惑星について、および自転する女たちの記録」の
記者会見の際には、

「(スケジュールが過密で)大変。でも、素敵なお仕事をたくさんいただくことが多くて、ついつい依頼を受けると燃えちゃう」


と嬉しい悲鳴を漏らしていました。



スポンサードリンク







今年「五十路」を迎える斉藤由貴だが、
50代を前に再びブレイクの機運が高まっています。

現在40代以上の人ならば、
彼女のアイドル時代の人気の
凄まじさは今も記憶に残っている
ことでしょう。



1984年、斉藤は「少年マガジン」主催の
第3回「ミスマガジン」でグランプリを
獲得し芸能界入りしました。

明星食品のカップラーメンのCMでテレビに
初登場するなり、その美少女ぶりが大きな
話題を呼びました。

翌年、同CMソングだった「卒業」で
歌手デビューを果たすと、
すぐさまドラマ「スケバン刑事」の
ヒロイン役を得て、一躍トップアイドルに
君臨していきました。

関係者は、
 「斉藤さんは“(松田)聖子ちゃんカット”でいつもニコニコしているような、当時の大多数のアイドルとは一線を画していましたね。笑顔はあまり浮かべず、『スケバン刑事』でもどこか影のあるミステリアスな少女の“強さ”を漂わせていました。一方、86年にNHKの朝ドラ『はね駒』で主演すると、同年の『NHK紅白歌合戦』にも初出場。紅組キャプテンも務めるなど、アイドルというよりは“国民的”女優・タレントといった雰囲気がありましたね。歌手としては、89年に(井上)陽水さんの名曲『夢の中へ』をカバーして、自身最大のヒットを記録するなど、アーティスト寄りの活動も印象的ですね」


と述べています。



スポンサードリンク




タグ:斉藤由貴
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。