So-net無料ブログ作成
検索選択

草なぎ剛 独立の前兆 [徒然]

最新の週刊誌報道では、SMAP、草なぎ剛の
「初ロマンス」がツーショットの写真つきで
スクープされました。

ある意味これは、独立の前兆と言えるかもしれません。



スポンサードリンク







この報道によれば、お相手は30代の友人、Aさんで、
交際を始めたのは最近とのことです。

ジャニーズ事務所のトップアイドルグループから
恋愛スキャンダルが飛び出した背景について、
関係者の間では

「飯島三智マネジャー退社の影響ではないか?」


とささやかれているということです。

報道の記事では、草なぎとAさんが都内で食事デートを
楽しんでいたことのほか、2人で草なぎの自宅マンションに
入っていく様子を紹介しています。

関係者は、

「彼女の正体は明かされていませんが、自宅に連泊する現場を抑えているとあって、交際関係にあるのは確実でしょう」


と述べています。



スポンサードリンク







しかし、ジャニーズといえばスキャンダルに厳しく、
大々的に報道されないよう、マスコミに手を回すことも
珍しくないですね。それなのに、長年トップに君臨してきた
SMAPの恋愛ネタがこれほどまでに大きく報じられて
しまったのは、一体どういうことなのでしょうか。

SMAPのチーフマネジャーだった飯島氏が退社した今、
SMAPのプライベート情報は、もはやジャニーズ事務所の
誰1人として把握していない可能性が高いといえます。

以前は飯島氏が、メンバーのスキャンダル処理なども
全て担っていて、マスコミがSMAPに関して広報に
問い合わせても、

「飯島に聞いてよ」


と回されるのが常だったそうです。

関係者はさらに、

「SMAPのチーフマネジャーだった飯島氏が退社した今、SMAPのプライベート情報は、もはやジャニーズ事務所の誰1人として把握していない可能性が高いです。以前は飯島氏が、メンバーのスキャンダル処理なども全て担っていて、マスコミがSMAPに関して広報に問い合わせても、『飯島に聞いてよ』と回されるのが常だった。飯島氏は記者に対して、バーターと圧力、つまりアメとムチを巧みに繰り出して記事を封殺してきたものです。ところが、今年1月の解散・独立騒動後はそのシステム自体が決壊。今後、SMAPに関して、こうしたプライベート情報が、湯水のごとくあふれ出るかもしれません」



メンバーのプライベートまで徹底管理し、
世間を騒がせることになりそうなネタは、
必ず握りつぶしていたのが飯島氏です。

しかし、彼女はジャニーズ事務所にとっては
「裏切り者」の汚名を着せられています。
必然的にSMAPに関しても、これまでのような
手厚い加護は期待できなくなっているのが
現状のようです。

別の関係者は、

「これとは別件で、ジャニーズの広報にSMAPに関する取材を行ったところ、他グループのスキャンダル時のように、記事内容に口を出したり、掲載自体を止めようとするなどの対応はなく、『(記事は)小さめにお願い』程度の要請しかありませんでした。現在SMAPは、ジャニーズ内でアンタッチャブルな存在なのは確実です」



今回の報道記事では、解散騒動の頃、
Aさんが親身になって支えてくれたことで、
草なぎは明るくなったと伝えています。

ファンにとっては複雑な内容かもしれませんが、
少なくともジャニーズサイドはSMAPメンバーに
こうした報道が出ること自体、意に介していない
というのが実情のようですね。



スポンサードリンク



SMAP 草なぎ剛 焼肉店デート目撃 [徒然]

SMAPの草なぎ剛と30代女性との焼肉店デートが
キャッチされました。

昼過ぎに雨があがっても、どんよりとした雲が垂れ込め、
蒸し暑さが残る6月下旬の夜、都内の繁華街の裏路地を
歩くひとりの男性がいました。

ベージュのキャスケット帽を
目深にかぶり、白いTシャツにデニムジャケットを来ています。
ジーンズの腰からは重量感のあるシルバーのキーチェーンが
ぶら下がり、歩みを進めるたび小さく金属音を響かせています。



スポンサードリンク








周囲を警戒するように、2度、3度と振り返り、
角を曲がるとにわかに急ぎ足になり、そのまま焼肉店の
暖簾をくぐりました。

それからおよそ5分後──ひとりの
女性がこの店に入っていきました。濃紺のカットソーに
グレーのパーカを羽織り、背中まで伸びたストレートヘアが
揺れていました。タイトな膝丈スカートに足元は黒の
スニーカースタイルの長身美女です。

彼女が向かったテーブルで待っていたのは、
一足早く入店していた先ほどのジーンズの男性、
つまり草なぎ剛でした。



スポンサードリンク






目撃者の話では、

「この店は草なぎさんの行きつけ。知り合いから紹介されて自宅からも近いとかで、3年くらい前から通っているみたいです。これまでにも何度か彼女とふたりきりのところを見かけたことがありますよ」


ということです。

この店には多くの芸能人が通いますが、
店内に個室はなく、パーテーションで
区切られているだけです。

草なぎと30代女性、Aさんは注意深く
小声で語らいながら、店自慢の料理を
味わっていました。

2時間ほど食事を楽しむと、先に席を立ったのは
Aさんの方でした。店員にぺこりと頭を下げて
店を後にした彼女はひとり歩き始めます。

間を置いて店から出てきた草なぎは、
Aさんとの100mほどの距離を決して縮めません。
繁華街の夜景が気に入ったのか、スマホを片手に
周囲の写真を撮る彼女。対照的に草なぎは、
入店時と同様にあたりを警戒しています。
ふたりはその距離を保ったまま、徒歩5分ほどの
場所にある、草なぎの自宅マンションに入っていきました。

2日後の夕方、自宅駐車場からバイクに乗って
出てきた草なぎはマンション前で、上階に向けて
右手を軽く振ってみせました。窓辺に佇む誰かに
合図を送るような仕草でした。

その後、一旦マンションに戻った草なぎは、
急いだ様子で再び家を出ました。タクシーで向かった先は
都内の鳥料理店。個室で彼を待っていたのは、
やはりAさんでした。

関係者の話では、

「Aさんとは以前からの友人で、最近になって交際をスタートさせたようです。解散騒動の頃、悩む草なぎさんを支えたのが彼女でした。最近、彼はすごく明るくなった印象を受けます。そういえば“ぼくにだって、家に泊まってくれる人くらいいるもん”って話していたことがあって…。その時は周囲の驚いた様子を見て、とってつけたように“アッ、男だけど(笑い)”って言い訳していましたけど、実際にはAさんのことだったんでしょうね」


と述べています。



スポンサードリンク




古舘伊知郎 しゃべれない話とすべらない話 [徒然]

3月末で12年間務めたテレビ朝日系
「報道ステーション」のキャスターを
卒業した古舘伊知郎が、16年ぶりに
フジテレビに出演することが6月29日、
分かりました。

7月9日放送の特番
「人志松本のすべらない話」に登場します。



スポンサードリンク







報ステ一筋だった古舘は4月から2カ月間の
休養を経て6月1日にトークライブで復帰し、
バラエティーを解禁しました。

お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志ら
実力派芸人が1人トークで勝負する人気番組の
30回記念に合わせてオファーされ、これを快諾し、
初参戦します。

本人曰く、

「報道で裏が取れないと“しゃべれない話”ばかりを抱え込んでいたのが、“すべらない話”ですから小躍りしました」 「まさに、お笑い党首討論。お笑いの猛者たちに異教徒の私が挑む。(出番を決める)サイコロに細工してでも出番を増やしたい」


とマシンガントークの準備をしているようです。

ジャベれない話とすべらない話が融合するんですね。



スポンサードリンク







報ステ時代の“すべらない話”を披露する可能性も示唆し、

「現在、報ステは週1、2回見るだけ。毎日見るとVTRやナレーションがおかしいとか、匿名で声色を変えて抗議電話したくなるくらい嫌なヤツになりそうですから」


と述べています。

後任のテレビ朝日、富川悠太アナウンサーとは
連絡を取り合っているということで、

「彼のことを見守りたい」


としゃべれない話元祖は、思いやりをみせました。


古舘伊知郎が、テレ朝の局アナからフリーになった
1984年、初のレギュラーがフジ系
「笑っていいとも!」でした。

以降、同局では音楽番組「夜のヒットスタジオ」の
司会やF1中継の実況でも活躍しました。

プロレスやF1実況の復帰待望論には

「『もう1回やって』と言ってくださるうちが華」


と封印宣言したのですが、

「東京五輪など何かの実況はやりたいね」。 「『すべらない話』で結果を出して、フジでレギュラーを獲得したい」


など、じゃべれない話をすべらない話として
うまく語ってもらえるのでしょうか。



スポンサードリンク



木村拓哉 炊き出しの苦悩 [徒然]

6月11~15日、石原プロモーションが熊本県で行った
炊き出しに2日目から参加したのがSMAP、木村拓哉でした。

6月24日放送のラジオ番組「木村拓哉のWhat’s UP SMAP!」では、
同行したTOKIO、長瀬智也、V6、岡田准一への思いや、
現場の裏話を明かしました。



スポンサードリンク







今回の炊き出しは、石原プロと親交のある長瀬の
声がけにより実現しました。報道では、木村が汗を流しながら
鉄板で焼きそばを調理する姿や、被災者のTシャツに
「必ず前に!!」というメッセージを記したことなどが
伝えられていました。

そして、木村は自身のラジオで、熊本県在住の
女性から寄せられたメッセージを紹介。

「被災者の方のTシャツの腕に木村くんが書いてくれた言葉、『必ず前に!!』を私もこれから胸に刻んで前を向いて進んでいきたいと思っています。熊本に力をくださり、ありがとうございました」


と読み上げ、実はラジオで話すつもりはなかったというものの、

「すごくリスナーの方たちからメッセージをいただいたので。お話しさせていただこうかなと思うんですけど」


と前置きして、炊き出しについて語り出しました。

「なかなか、レアな3人組だったじゃないですか。智也と准一と自分っていう。そのレアな感じがすごく新鮮でもあり、楽しくもあり、うれしくもあり。もちろん現場に行けば、舘ひろしさんはじめ、神田正輝さんだったりとか、先輩方も汗を流して炊き出しをされているその場所に、自分らは“お手伝いとして参加させてもらえる”ということだったんで。結構、気持ちを引き締めて行ったんですけど。気持ち的に、智也と准一と一緒に行けたというのも、個人的にはものすごく『良かったな~』という感じは、すごくありましたね」




スポンサードリンク







岡田とは2001年放送のスペシャルドラマ
「忠臣蔵1/47」で共演し、長瀬ともプライベートで
親交があるといわれる木村なのですが、

「智也と准一」


と呼んでいることから伝わるように、
3人は現地で濃密な時間を過ごしたのでしょう。

また、4日間にわたって参加した炊き出しで、
木村は焼きそばの調理を担当していたのですが、
意外な困難にぶち当たっていたようです。

「初日はもう、あの鉄板との向き合いが、もう冗談みたいな温度で。『これ、舘さん(が焼きそば作りを)やられるのかな?』と思ったら、『行くよ。木村くん』っていう感じでザーッと教えていただいて。もう本当に、焼きそばをずっと作り続けるっていうことが、こんなにも厳しいことかな~っていう(笑)。そこで頭がいっぱいになっちゃって」


と、鉄板の熱さで体力を消耗していた様子です。

舘や神田らが被災者と大きな声でコミュニケーションを
取っている姿を目にするも、自身は

「体感温度50度以上」


の場で調理していたため、

「初日は本当に声ひとつ出なかった」


と、慣れない現場で苦労したことを告白しました。

さらには、3日目に老人ホームや小学校へ
出向いたことにも言及しています。

男性から

「すみません、いいですか?」


とTシャツへのサインを求められたものの、名前を書くのはちょっと違うなと思ったそうで、

「『必ず前に!!』っていうふうに書かせてもらったんですけど。なんか、アレになりました。なんだろうね。もう反射(的)な感じだったかな。書き終わった後には“ぜひ、そうあってほしいな”っていう気持ちにもなっていたし、少しでもその力添えになれたらいいな、という気持ちでずっと現場にいたので」


と、文字を書いた際の気持ちを話しました。

一部ファンの間で、この

「必ず前に!!」


という言葉は2012年発売のアルバム「GIFT of SMAP」に
収録されている

「前に!」


がルーツではないかといわれていたのですが、
ラジオでは詳細は語らず、トークの最後に
同曲を流していました。

番組内で木村は

「(炊き出しに)参加できて、すごく意味のある時間を過ごせたなっていうふうに思っております。まぁ、Tシャツに書いた言葉じゃないですけど、“必ず前に進める”と思いますし、僕らがそのお手伝いができるなら、ずっとしていきたいと思います」


と語り、今後も何らかの形で被災地支援を続けていく
方針のようです。

次は長瀬や岡田の口から、今回の一件に関する
コメントが聞けることを期待したいですね。



スポンサードリンク



鈴木保奈美 連続ドラマ主演の覚悟 [徒然]

女優、鈴木保奈美が8月13日スタートのフジテレビ系
「ノンママ白書」(土曜後11・40)で18年ぶりに
連続ドラマに主演することが6月28日、分かりました。



スポンサードリンク







1990年代を席巻したトレンディードラマの女王が
演じる役は、まさに同時代を駆け抜けた50歳目前の
バツイチ、子供がいないキャリアウーマンです。
8月に50歳を迎える鈴木保奈美がアラフィフの
本音をリアルに体現します!

1991年、25歳のときに大ヒットドラマ
「東京ラブストーリー」でヒロインを演じてから
四半世紀になります。

50歳目前の鈴木保奈美が18年ぶりの
連ドラ主演で同世代を応援します。
どれだけの覚悟で臨むのでしょうか。




スポンサードリンク








「ノンママ白書」は、子供を持たずに生きる
「ノンママ」になったアラフィフ女性たちの物語です。

鈴木保奈美が演じるのは、バツイチで子供がいない
広告代理店勤務の49歳の玲子です。
男女雇用機会均等法施行後の1989年に入社し、
会社初の女性管理職昇進がかかる50歳目前の
キャリアウーマンですが、ワーキングマザーが
台頭する時代、会社や世間に振り回されながらも
孤軍奮闘する展開です。

共演者も同じアラフィフ黄金世代です。
主人公とかつて男女の仲だった同期社員を
高橋克典、ノンママ仲間で、美人でありながら
婚期を逃した同期を菊池桃子が演じます。

90年代に一世を風靡した鈴木保奈美は、
98年にとんねるずの石橋貴明と再婚して
3女を出産しました。
99年から子育てに専念し、2008年に復帰しています。
主人公のように激動の時代を生きてきました。

関係者は、

「主人公を新しい時代のロールモデルとして世に送り出してくれる」


と期待しています。

98年放送のフジテレビ系「ニュースの女」以来の
連ドラ主演作は、自身の誕生日である8月14日の
前日13日にスタートします。

鈴木保奈美は

「主演ということを突き詰めると具合が悪くなりそうなので、あまり考えないようにしています」 「50歳になるタイミングでお話をいただき、不思議なご縁を感じました」


と静かに女優魂を燃やしています。

それだけ連続ドラマ主演の覚悟があるのでしょうね。



スポンサードリンク



 

高知東生容疑者 逮捕は感謝 [徒然]

高知容疑者が6月24日の逮捕直前に取締官に対して
「感謝」していたことが6月28日、分かりました。

関東信越厚生局麻薬取締部によると、6月24日朝に
横浜市南区のラブホテルに踏み込まれた際、
取締官から

「自分のところにも捜査が来るとは思わなかったのか?」


と問われ、

「そのようには思っていませんでしたが、来てもらってありがとうございます」



と軽く頭を下げたということです。



スポンサードリンク






この発言について、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」に
出演した元麻薬取締官は

「『これでやめられる』というホッとした気持ちで言ったと思う」


と、やめたくてもやめられない覚醒剤の恐ろしさを
証言していました。

確かに何であれ、やめたくてもやめられない、ということは
あるでしょうね。それが覚醒剤であれば、その辺の苦しさは
相当なのだろうと想像できます。



スポンサードリンク







このやり取りだけを読めば、なにかドラマの一場面のような
展開ですが、脚色されたものではないだけに、
緊張感があるのではないでしょうか。

もともと高知東生容疑者は芸能人でしたので、
交友範囲は一般人よりも幅広く、良きにつけ
悪きにつけ、いろいろな人たちが寄ってきていたのでは
ないでしょうか。

その中に、今回の「愛人ではなく知人」の女性もいたと思われます。
あるいはそれが罠だったのかもしれませんが、罠を罠だと
分かっていて、深みにはまるというのはよくありますので、
筋書きのないドラマのようで筋書きのある展開が容易に
想像できていたのではないでしょうか。

芸能界に長くいると、引退してもすぐにはそれまでの
生活様式を変えることはなかなかできないでしょうし、
ましてや高知東生容疑者には、妻である高島礼子に対する
プライドというか反発も心のどこかに強くはびこっていたと
推測できます。

だからこそ、「愛人ではなく知人」の女性と10年間も関係が
続いていた、とも言えますね。

とにかく、高知東生容疑者にはちゃんと
更生していただきたいと願います。



スポンサードリンク












高島礼子 イメージが大事なCM降板 [徒然]

元俳優の高知東生(のぼる、本名・大崎丈二)容疑者が
6月24日に覚醒剤取締法と大麻取締法違反(所持)の疑いで
現行犯逮捕されたことを受け、妻の女優・高島礼子が
花王のCMを降板したことが6月27日、分かりました。

芸能人はイメージが大事、ということですね。



スポンサードリンク







高島礼子は2006年から同社の白髪用カラーリング剤
「ブローネ」のCMに出演しています。
6月26日までは同社のホームページにも写真が
掲載されていたのですが、6月27日昼までに削除されました。

花王の担当者は

「高知さんの逮捕を受け、イメージを考えて終了させていただくことになりました」


と打ち切りを認めています。

やっぱり、芸能人はイメージですね。
また、スポンサーのイメージも大事なんですね。


高島礼子は花王以外に太田胃散、
アパレルメーカーの「キング」と
CM契約を結んでいます。

太田胃散とキングは今後の対応について

「担当者が不在」


として明言していません。

太田胃散は今年1月に不倫騒動があった
ベッキーのCM起用を打ち切っています。

所属事務所では6月24日に逮捕の一報が
入って以来、スポンサーや広告代理店に
状況説明を行っていますが、詳しい内容は

「ノーコメントとさせてください」


としています。



スポンサードリンク







本人の不祥事ではないが、夫の薬物と不倫が
報じられることで、上品で美しい印象を持たれている
高島礼子のイメージダウンは避けられません。

特に花王は、優れたマーケティング戦略を持つことで
知られ、スキャンダルに敏感な主婦層を主な顧客としているため、
迅速に対応しました。ほかの2社も打ち切りにならなくても
休止は避けられそうにありません。

 
高島礼子はこの日も京都市内の撮影所で
警察官役で主演するテレビ朝日系ドラマ
「女たちの特捜最前線」(7月21日スタート、木曜・後8時)の
撮影に参加しました。

関係者によると夫の逮捕にショックを受けていますが、
気丈に高畑淳子、宮崎美子らと息の合った掛け合いを
見せていたということです。

ドラマへの影響も考えられますが、

局関係者は、

「現在のところ、予定通り放送します」


としています。



スポンサードリンク



中谷美紀 模倣犯への挑戦 [徒然]

女優の中谷美紀がテレビ東京系ドラマ「模倣犯」
に主演することが6月27日、分かりました。

1995年から99年に週刊誌で連載され、
単行本、文庫本の累計発行部数が420万部を
超える、作家・宮部みゆき氏のベストセラー小説が
原作です。



スポンサードリンク







連続誘拐殺人事件を、被害者家族、加害者家族、
犯人らの視点で描いたミステリーで、中谷美紀は、
事件を追うルポライター・前畑滋子役を演じます。

連続誘拐殺人事件の第一発見者の少年や、
孫娘を殺された被害者家族の老人と関わり、
事件の全貌に迫っていくのが前畑滋子です。

それを楽しむかのように、犯人は被害者宅、
テレビの生放送中に不敵な挑発を続けるのですが、
ある時、事態は急展開を迎えることになります―。

02年にSMAP・中居正広主演で映画化されましたが、
ドラマ化は初めてとなります。

中谷美紀は

「スケールの大きな物語なので、映像化は大変だと思っていた。お話をいただけたことを大変うれしく思う」


と喜んでいます。

また、

「最も愛すべき所は凄惨(せいさん)な事件が繰り広げられるけれど、その一方でコツコツと生きる人々の日常をいとおしく描いている部分。日常の尊さをお伝えしていきたい」


と力強く話していました。



スポンサードリンク







中谷美紀は、映画「電車男」(05年)のヒロイン・エルメス役、
映画「嫌われ松子の一生」(06年)の松子役など、役柄に
寄り添い、強烈な個性を放ってきました。

新たな代表作にするため、
中谷美紀は

「虐げられた人間の心を徹底的に描いた原作が素晴らしい。その世界観を大切にしつつ、より豊かな物語になるように大切に演じていきたい」


と意気込んでいます。


尚、「模倣犯」はこの秋、虎ノ門から本社移転する
同社の「テレビ東京 六本木3丁目移転プロジェクト」の
ドラマSP第1弾として放送されます。
他の出演者は後日、発表される予定です。



スポンサードリンク







高知東生 愛人と知人 [徒然]

覚醒剤所持の疑いなどで逮捕された元俳優の
高知東生容疑者は、いつから覚醒剤を使い始めたのか
調べが進められています。


スポンサードリンク







一緒に逮捕された女について、高知容疑者が

「10年ほど前に知り合った」


と話していることが分かりました。

6月24日金曜日、横浜市のホテルで覚醒剤と
大麻を所持していたとして厚生労働省麻薬取締部に
現行犯逮捕された元俳優の高知東生容疑者ですが、
同じ部屋にいたホステスの五十川敦子容疑者も逮捕され、
部屋からは覚醒剤4グラムと大麻煙草3本、吸引用の
ガラス瓶などが押収されています。

取り調べに対し、高知容疑者は容疑を認めている
ということですが、その後の取材で、高知容疑者が
五十川容疑者との関係について供述していることが
新たに分かりました。

「10年ほど前に知人のパーティーで知り合った。愛人と思われてもしかたないが、知人です」



麻薬取締部は高知容疑者らが覚醒剤を使い始めた
経緯についても調べを進めています。



スポンサードリンク







芸能人というのは、今回の場合正確には、
芸能人を経験した高知容疑者はですが、
とにかく、芸能人には独特の価値観が
あるのでしょうね。

「愛人と思われてもしかたがないが、知人」とは
うまい言い訳を考えたものです。
やっぱりその辺は、芸能人としての意識が
抜けていないからかもしれませんね。

高知容疑者には失礼ですが、妻の高島礼子の
旦那ということだけでマスコミが注目するしか
すぎない二流の役者だったことを
もっと自覚すべきですね。

そんな状態だからこそ、妻に反発して
愛人か知人かわかりませんが、とにかく
妻以外の女性と長年付き合い、
相手の女性にしてみれば、おそらくは
目的のひとつであった、麻薬なり覚醒剤を
売りつけることを達成しているわけです。

二流役者であればあるほど、プライドは
高いので、どんなに売れていなくても
一流役者と同じ末端価格で、麻薬なり
覚醒剤を買う、というよく考えられた図式
なんですね。

もはや失うものは何もないはずですが、
芸能人だったというプライドのためか、
高知容疑者は、やはり芸能人を演じています。

いいかげんに目覚めてほしいものですね。



スポンサードリンク















乙武洋匡 やっぱり離婚 [徒然]

参院選の最中、不倫騒動によって参院選出馬を
断念に追い込まれた乙武洋匡氏に新たな騒動が
持ち上がっています。

複数の週刊誌が揃って乙武夫妻の別居、
離婚危機を報道しました。



スポンサードリンク







しかし、気になったのはその理由の報じられ方です。
乙武不倫をスクープした週刊誌では、
妻は不倫した夫を一度は許そうとしたが、
「夫が不倫した夫婦関係の修復は難しかった」と
「不倫の一般論」として別居を報じていて、違和感はありません。

別の週刊誌では、別居の最大の理由として、
乙武氏の知人が「介護のせい」とコメントして
いるのです。

週刊誌での知人のコメントでは、

「それまでは週の半分以上、家を空けていた乙武さんが24時間自宅に"謹慎"するようになり、(乙武夫人の)仁美さんにかかる負担が目に見えて重くなったんです。3人の子供の世話と家事に加えて、夫の風呂、トイレ、着替えなどで気の休まる時間がまったくない状況でした」


と述べられています。

しかも、この介護負担増は乙武氏が不倫相手と別れたことによって
起きたとこの知人は言っています。

更に、

「仁美さんは乙武さんに見え隠れする女性の存在に、気づかないふりをしていたはずです。 乙武さんが家に帰らず、外にいる誰かに世話をされていることで、むしろ夫婦関係のバランスが 保たれていたことは否定できません」 「乙武さんの不倫に薄々気づきながらも、その状況に助けられてきたと感じていた部分もあったでしょう。どんなに頑張っても、別居という選択肢しか残っていなかったんでしょうね」


とも語っています。



スポンサードリンク







一見、仁美さんを擁護しているようでいて、これほど障がい者と
その妻を馬鹿にした論理もないですよね。

たしかに、先天性四肢切断という障がいを持つ乙武氏に
介護が必要なのは当然だし、それこそ障がい者自立支援法
という悪法によって、家族の負担が増大しているのも
理解できますが、それでも懸命にお互いを支え合っている
夫婦は山ほどいるし、ましてや、乙武氏の立場なら、
家族以外のサポート、ケアを受ける方法がいくらでも
あったはずです。

それを、介護をサポートしてくれた愛人がいてこそ
バランスが取れた、妻もそれを黙認するだけでなく
内心助けられたと思っていた、などというのは、
無茶苦茶な理屈であると言えます。

それは、仁美さんを馬鹿にしているだけでなく、

「障がい者は介護が大変だから、離婚してもしようがない」 「障がい者は愛人をつくって介護させるべき」


と言っているようなものであって、明らかに障がい者への
差別、偏見を助長するものだと断言できます。

だが、こうした差別的なトンデモ論理を展開したのは
この週刊誌だけではありませんでした。

6月23日放送の「とくダネ!」で小倉智昭キャスターが
乙武夫妻の別居報道を紹介しつつこんなコメントを
発したのです。


「奥さんはそれは十分ご存知だったと思う。彼が帰ってこない時には、誰かお世話してくれる人がいる。そういう意味では、奥さんもそれがあることによって助けられていたというのがあったんじゃないかな。知ってたと思うんです」


そして乙武氏の不倫を

「外に癒しを求めたの一言に尽きる」


と全面肯定したのでした。


いやはや、やっぱり離婚しかないんでしょうね。



スポンサードリンク